おぎはら皮ふ科 |皮膚科・小児皮膚科|美容皮膚科|アレルギー科|漢方治療|

皮膚科・小児皮膚科



アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは

 アトピー性皮膚炎は幼少時期に発症し、かゆみのある湿疹が特徴的な病気で、
 良くなったり、悪くなったりを繰り返します。

 ダニ、ほこり、食べ物などアレルギー的要因、気候、発汗、ストレスなど
 非アレルギー適要因、遺伝性体質などが原因として考えられていました。
 じつは原因はこれだけではないのです。
 皮膚が乾燥し、外部の刺激をさえぎるバリア機能が弱っていることも
 大きな原因の一つなのです。



湿疹ができやすい部位

 乳児期:口のまわり、ほおを中心に赤いポツポツ、ジュクジュクした湿疹

 幼少時期:背中、わき腹、肘、膝の裏側に湿疹、ザラザラ皮膚

 思春期:成人期:赤ら顔、首の周りが黒ずむ、全身に湿疹ができ赤くなります。





アトピー性皮膚炎の治療法

 当院での治療方法は、まずかゆみをとめることを第一に考え、かゆみを止める飲み薬と
 塗り薬を同時に処方します。

 かゆみは塗り薬だけでは、おさまりません。
 掻くことでかゆみが増し、さらにかきむしり症状が悪化するという悪循環に陥ります。
 当院ではこれを防ぐために、一般的に飲み薬と塗り薬を処方します。

 皮膚の症状により、必要最低限のステロイド剤を塗り薬として処方します。
 まずは皮膚の症状が悪化するのを抑え、症状が落ち着けば、
 どんどんゆるいステロイド剤へ変えてえいき、さらに状態がよくなれば保湿剤で様子をみ
 ていくようにしていきます。



漢方治療

 当院ではアトピーの治療にも積極的に漢方薬による治療をとり入れています。

 成人には、消風散、当帰飲子、黄連解毒湯、白虎加人参湯、補中益気湯 等を
 その人の証に居わせ、これらを組み合わせてオーダーメイドの治療を行います。

 小児には、体質改善を目標に黄ギ建中湯や小建中湯をよく使用します。
 体力がついて免疫力が向上し、他の病気になりにくくなります。
 効果は数週間後から出てきます。比較的長期的に内服を続けます。

 漢方について詳しくは、株式会社ツムラHPへ。





日常生活の注意点

 ・入浴の際には、ナイロンタオルやブラシなどでごしごし洗うことはやめてください。
  皮膚に必要な潤い(バリア機能)が無くなり、皮膚がますます乾燥し症状が悪化します。

 ・固形石鹸(できれば乾燥肌用)を使い、泡立て手でやさしくなでるように洗いましょう。

 ・湿疹やかゆみが強い部位には、保湿剤(保湿クリームのような)を使うことは逆効果に
  なります。湿疹やかゆみが落ち着いたら、しっかりと保湿剤を使い肌の潤いをキープしま
  しょう。

 ・食事に注意することも意外と重要なことです。
  →ぜひ 食事の注意点 を参考にしてください。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








院内紹介治療内容診察時間・予約アクセスQ&AリンクTOP

おぎはら皮ふ科  兵庫県宝塚市中山寺1-6-6 TEL:0797-81-3318
予約ダイヤル:0797-81-3318
Copyright (C)Ogihara clinic All Rights Reserved.